活動紹介

横浜港北ロータリークラブ活動報告

下記のボタンにて各種報告の絞り込みができます。


2020.09.04   [会長ブログ]


 『恋は心が下にあるから下心』『愛は心が真ん中にあるから真心』と言います。
 なので、本日は真心を込めて私が育てている『愛』についてお話します。 

 我が家のベランダには、
「フィカス・ウンベラータ」と言う名前の植物の鉢植えが置いてあります。
 ウンベラータは、そもそも熱帯アフリカ原産の常緑高木で、インドゴムノキなどと同じイチジク属の仲間であり、観賞用植物なのです。

 夏期は戸外で管理が可能ですが、耐陰性もあるため通年室内で生育できます。ただ、耐寒性はなく寒がりなので、冬期は室内で管理する事になります。

 えっ?植物の説明はもういいから?って・・。

 では、本題はこれからです。

 何とこのウンベラータ、葉の形が可愛いハートの形をしているんです。
 そのうえ、生命力が強く元気に育つことから、花言葉は「すこやか」
 それプラス、ハート型の葉っぱから、『夫婦愛』『永久の幸せ』と言う花言葉が付けられています。  

 素敵ですよね。風水的にも『愛』を象徴しているそうです。
 (ん?ドリカムのLOVE LOVE LOVEが聴こえて来ませんか?) 

 数か月前は、細く小さな枝でしたが、毎日私が愛を込めて世話をしているので、今では大分大きく育ってきました。

  

 私は意外と植物を育てるのが上手なんです。(ここだけの話、ウンベラータは水と肥料と太陽があれば、ぐんぐん育つので意外と簡単)
 社員も、このくらい簡単に成長できないもんですかね・・・。

 実は、このウンベラータ、最初は友人から約7年前に新築祝いに貰ったんです。大きく育ったので私自身で剪定して、それを鉢に植え替えたら・・・。

 何と?!みんな元気に成長し、今ではすっかり我が家の夏のベランダは、愛が溢れています。
 季節が変わり、秋になったら今度は私が友人達に、この育ったウンベラータをプレゼントします。
 愛のお裾分けです。

  

 さて、今日はこの辺で・・ではまた。